奥田 修史(なおふみ)   長崎県生まれ 46歳     ハワイ州立大卒        2003年 理事長就任


by naofumi_okuda

ふり向くな 君は美しい

高校サッカープリンスリーグ参入戦

長崎1位の創成館は宮崎1位の日南学園に1-3で敗れました。

今シーズンのプリンスリーグ参入は叶いませんでした。

11月の選手権後も、3年生は全員が部に残り最後の最後まで戦ってくれました。

私もそんな彼等の勇姿を目に焼き付けようと、試合を見に行きました。

「ボールを必死に追いかける姿は美しかった。」

勝ち負けを超越した、汗と涙の集大成がそこにありました。

帰りの車中、試合後に泣き崩れている3年生の選手や応援団の光景がずっと頭にありました。

皆にかけたい言葉は上手くまとめられないけど、この歌の歌詞が、今の私の心に響きます。

「うつ向くなよ ふり向くなよ 君は 美しい
 戦いに敗れても 君は 美しい
 今ここに 青春を刻んだと
 グランドの土を手にとれば
 誰も涙を笑わないだろう
 誰も拍手を惜しまないだろう
 また逢おう いつの日か
 また逢おう いつの日か
 君のその顔を 忘れない」

3年生のみんな、最後の最後までありがとう!
d0103155_10542482.jpg



d0103155_10543502.jpg

d0103155_10545047.jpg


# by naofumi_okuda | 2017-12-26 10:56
「第67回諫早市駅伝競走大会」において、創成館高校男子陸上部が初優勝しました!101.png

並み居る強豪校を抑えての、初の優勝旗を手にとても嬉しそうでした104.png

「何でも強い創成館」は、どんどん進行中です106.png

d0103155_13283783.jpg
d0103155_13280183.jpg
d0103155_13282053.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-12-22 14:52

特別TV番組のご案内

創成館高校 特別TV番組「GO! WINGS ~創成館 夢へ羽ばたけ~」


1223日(今週土曜日)NCC(長崎文化放送)で13時より特別番組が放送されます101.png

「創成館の生徒はキラキラしてますね。」

これよく言われるんですが、その秘密が分かるかも・・・112.png

創成館高校の魅力がたっぷり詰まった30分番組です110.png

是非、ご覧下さい!!109.png


# by naofumi_okuda | 2017-12-21 10:16
「第44回長崎県アンサンブルコンテスト」において、創成館高校吹奏楽部の打楽器4重奏が「金賞」を獲得しました102.png
4年連続9回目の受賞となります112.png

ただ、代表を逃してしまい悔しい思いをしているようです117.png

さあ、ここからが勝負ですよ!

結果を出すためには、努力しなければなりません。

しかし、結果が出るかと言えばそうではありません。

努力すれば結果が保証される・・・。

こんなことは人生にも何にも当てはまりません。

だからこそ!

だからこそ、良い結果が出たら嬉しいし、泣けるんです!!

みんな見てますよ。

朝早くから夜遅くまで努力しているあなた達の姿を。

創成館高校吹奏楽部は、「魂の努力集団」です!

さあ、チャンスはまだまだあります104.png

顔を上げて、背筋伸ばして、次のステージに向かおうぜ!!106.png
d0103155_16502951.jpg
# by naofumi_okuda | 2017-12-20 17:19
創成館高校演劇部、やりました!!!

「第59会九州高等学校演劇研究大会」において、「最優秀賞」を受賞!!!

九州代表として、初の全国大会に出場が決定しました!!!

昨日は発表の時間は私もソワソワしておりましたので、顧問の毎熊先生からの電話にはすぐ飛びつきました。

いつも冷静な毎熊先生ですが、

「やりました!最優秀賞取りました!鳥肌たちました~!」

と、さすがに興奮MAXでの報告でした。

これは、快挙だ! 大快挙だぁ~~~!!!

d0103155_9475641.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-12-18 09:48
9月8日のブログに、本学園の副理事長・明松先生を紹介した時、こんな風に書きました。

「頭はバリバリに切れますが、たまに5歳児の様な振る舞いをします。」

またまたこの人やってくれましたよ。

理事長室に入ってくるやいなや、手にした箱を取り出して・・・。

「USJに行ったんですけど、凄いもん見つけてきました!」

すると、映画ハリーポッターでお馴染みの「魔法の杖」を私に見せて、

「映画さながらの店で杖がた~くさん売ってるんですけど、この杖に引き寄せられたんですよ!」

私、この時点で、「この人は何を興奮してるんだろう。」と頭に「?」が灯りました。

明松先生は続けます。

「お店の人が、「この杖は、教育職に付く人が選ぶ杖だ。」って言ってたんですよ!」

私、「・・・ふ~ん。」くらいのリアクションしか出来ませんでした。

それが不服だった明松先生は、部屋に居た福田さん(前回の記事の子)にも食い下がります。

「いいやろ?凄いやろ?」

福田さん、「・・・はぁ。良かったですね。」

明松先生は、この人たちは何で分かってくれないんだ!と不服顔です。

可哀想なので、その魔法の杖とやらを私も手に取って見たのですが、意外に作りがしっかりしてる!

少々感心が出てきた私は、その杖の先の石を指先で触ってみました。

次の瞬間、明松先生から衝撃のひとことが・・・。

「触ったらダメ!魔法の力が落ちる!!」

私、「・・・はい!?」

福田さん、呆然・・・。

明松先生は、この人何をするんだとばかりに大事に杖を箱に収めて、自室に帰って行きました。

これが、本学園の副理事長・明松精一 大先生です!

d0103155_16451341.jpg


これが、魔法の力を持つ?杖です・・・。
d0103155_16453515.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-12-13 16:49
地元の人気フリーペーパー「face」(大村版)の今月の表紙は・・・。

創成館の職員、福田奈央美さんです!

創成館を卒業後ハウステンボスで勤務して、ミス・ユニバース長崎大会に挑戦。

ファイナリストに残り「特別賞」を受賞しました。

創成館高校の職員として今年4月勤務していますが、もうすでに「広報」においては「創成館の顔」の様に最前線で働いています。

ストレスが溜まると、私の前でも「も~!」とか「にゃぁ~!」とか動物の様な雄叫びをあげる福田さんですが、さすがファイナリストの1枚ですね!

d0103155_1225419.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-12-11 12:25
11月2日に行われた「高校駅伝長崎県大会」から1ヶ月と少しが経ちました。

結果をブログにあげたかったのですが、なかなか出来ませんでした。

練習での肉体的、精神的調整が上手くいかず、4位という満足出来ない結果が陸上部を包み込んでしまったからです。

日常生活を送る彼らからも明るさが消え、私もあえて声をかけずに遠くから見守りました。

ただ、私はどこかでブログにアップしないと陸上部の「決着」が付かないとも考えていました。

私は先日、男子陸上部の3年生3人に校長室に来てもらい話をしました。

彼らが今、どんな気持ちでいるのかも聞くことが出来ました。

その内容はここでお話は出来ませんが、私も自分の胸にあることをストレートに彼らに伝えました。

「人生、この様な状況から立ち上がらなければならない事が多々あること。」
「これまでの努力は、違う形、タイミングで花開くと信じること。」
「結果云々ではなく、創成館が君たちに持つ愛情と感謝は何ら変わらないこと。」

みんな、数多くの学校から「創成館」を選んでくれてありがとう。

君たちがいたから、創成館高校陸上部はここまで来れたんだよ。

君たちのこれまでの頑張り、勇姿は多くの人が覚えている。

僕にとっても一生の宝だ。

だから、前を向いて歩こう。

それでこそ、創成館高校陸上部だ。

ありがとう。

d0103155_18183111.jpg

d0103155_18185418.jpg

d0103155_18191382.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-12-08 18:20
創成館高校サッカー部「1st チーム」は、県1部リーグを1位で終了!

「2nd チーム」も県2部リーグを1位で終了しました!

サッカー部も大人数で、熾烈なレギュラー争いや1軍・2軍への昇格争いがあります。

特にリーグ戦最後の3試合は、選手権で負けた後ということもあり、どの様にモチベーションを上げていくか心配していましたが、見事に最後まで戦い抜いてくれました。

次は、もう一つ上のカテゴリー「プリンスリーグ」への参入を懸けて九州の強豪校と戦います。

ここまでチームを引っ張ってきてくれた3年生の最後の戦いが始まります。

創成館高校サッカー部らしいアグレッシブなプレーを期待します!

d0103155_1082750.jpg

d0103155_1084128.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-11-27 10:09

女子バレー部 春高3位

昨日、春高バレー長崎県大会が行われ、創成館高校女子バレーボール部は3位でした。

部活によっては、3位入賞でも「やった!」となるのですが、彼女達が目指していたのは「優勝」。

しかも、思ったような試合展開に持ち込めずに負けたのですから、この試合を最後に引退する3年生の気持ちはいかばかりか・・・。

昨日、試合が終わってからずっとブログの中でどんな言葉を部員に送ろうか考えていました。

そして、たどり着いた言葉がこれ。

「負けを全身で受け止め、半歩でも前に進む。」

これからも長い人生の中でこういう事が起こると思います。

一生懸命頑張ったのに、思うような結果がでないことが。

張り詰めていた気持ちが切れ、自暴自棄になったりするのはこんな時。

ただ、こういう時が「本当の勝負所」なんです。

ここで落ちていく人と、這い上がっていく人に分かれます。

女子バレーボール部のみんな、新たな戦いが始まりましたよ!

引退した3年生のみんなも同じです!

これから、自分の人生をさらにキラキラなものにするための戦いが始まりました!

泣いてもいいさ!

ただ、半歩でもいい。

前に進もう。

「今まで打ちのめされた事のない選手など存在しない。
 ただし、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうと努める。
 並みの選手は、少しばかり立ち上がるのが遅い。
 そして、敗者はいつまでもグランドに横たわったままである。」
         (元テキサス大学アメリカンフットボールコーチ ダレル・ロイヤルの言葉)

d0103155_17543555.jpg

d0103155_17551561.jpg

d0103155_17555766.jpg

d0103155_17561828.jpg

d0103155_17564491.jpg

# by naofumi_okuda | 2017-11-24 17:58