奥田 修史(なおふみ)   長崎県生まれ 45歳     ハワイ州立大卒        2003年 理事長就任


by naofumi_okuda

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

26日(土)は多くの中学生&保護者&中学校教員の皆様の「入試説明会」へのご参加、
誠にありがとうございました!001.gif

予定以上の参加に、資料が足りなくなってしまい、一部の方に大変ご迷惑をおかけした事、お詫び申し上げます。

これで、今年の受験者向けのイベントは全て終りました。総参加者数は、昨年を上回る結果となり、とても嬉しく思っています003.gif

来年春、入学式で会えることを楽しみにしていますね019.gif

さて、私は明日から「ハワイ研修旅行」の引率の為、2年生と一緒に渡米いたします030.gif

次のブログ更新の時は、ハワイの土産話をアップしますね049.gif

いってきま~す!019.gif
by naofumi_okuda | 2011-11-28 18:00
今や、創成館のお家芸。体操部が県新人大会で「団体総合優勝」&個人も1位河越君、2位吉野君、3位佐藤君、4位扇谷くん、6位岩下君と上位独占!003.gif

女子も森本さんが個人総合3位に入賞しました030.gif

国体候補選手にも選ばれて、これからますます活躍が期待されます。

創成館は、2014年長崎国体に向けての「体操競技強化認定校」です017.gif

厳しい練習の先には、きっと栄冠が輝いているぞ! がんばって下さい!!006.gif

d0103155_1731380.jpg

by naofumi_okuda | 2011-11-25 17:03

放送部もキタ~!!

我が放送部が「九州高校放送コンテスト長崎県大会」のテレビ番組部門において、「最優秀賞」を受賞いたしました!003.gif

同時に、来年、富山県で行われる全国高校総合文化祭に出場する事も決まり、ダブルの受賞に放送室もお祝いムードいっぱいでした037.gif

今回の題材は、ブログでも紹介した本校琴部の福島県総文祭への参加の様子を取材したものでした。

琴部の福島に対する「心意気」がよく伝わる作品で、放送部の「心意気」も感じ取ることができました030.gif

琴部に負けず劣らず、放送部も「真のやさしさ」を持つ生徒が集まっています001.gif

おめでとう!!


d0103155_18481190.jpg

by naofumi_okuda | 2011-11-14 18:49
県新人戦において、柔道部男子が創部初となるベスト4進出&九州大会出場を決めてくれました!003.gif

特待生が一人もいない中、よくぞ勝ち上がってくれました017.gif

女子でも、2年山田さんが2位に入り、2年連続の九州大会出場を決めています030.gif

柔道部は普段の練習から「熱気」が理事長室まで伝わる熱さを持っています。
それが顧問の先生の「熱さ」と合わさって、大躍進につながっているのではないでしょうか029.gif

でも、要因はそれだけではないんです009.gif

実は、柔道部の部員は毎週月曜日、3グループに分かれて学校周辺のゴミ拾いをしているのです。

正直、私は教頭先生から教えてもらうまで知りませんでした。

でも、それを知って、柔道部が最近力をメキメキつけてきた理由が少しだけ分かった気がしました034.gifサッカー日本代表の長谷部選手の「心を整える」ではありませんが、正に、「心」と「体」が一つになっていたからこそ掴む事のできた勝利だと思いました018.gif

柔道部のみんな、九州大会は強豪揃いだけど、ベストを尽くして頑張ってきてくれ!!

d0103155_1416663.jpg


柔道部員のゴミ拾いの様子
d0103155_18302613.jpg

d0103155_1830458.jpg

by naofumi_okuda | 2011-11-14 10:16
前のブログに書いたと思いますが、一つの夢を達成する事は容易ではありません030.gif

まして、その山が高ければ高いほど、いばらの道は険しさを増します。

高校野球九州大会準決勝、結果は九州学院に対し、0-9のコールド負けでした。

この敗戦後、私の友人がメールをくれました。

僕の気持ちも、このメールと一緒です022.gif



コールドではありましたが負けて得るものがおおきかったんではないでしょうか。(中略)

九州ベスト4は、伊達や推挙で成せるものではありません。

試合後ベンチから出てきた子供たち・・・。ガックリと肩を落とし、会話もない姿。

この敗北の意味と悔しさは誰よりも一番彼らが判っているはずです。来年への大いなる飛躍、成長を意味する姿だと、私の目に焼き付けた次第です。

「有難う」そして「お疲れさん」。 君たちの日々の努力は多くの人に夢と感動を与えてくれました。きっと監督は、この躍進劇と一度の敗北を生かす為に、今からを考えてくれているはずです。今まで通り、自分を信じ仲間を信じ、監督を信じて、邁進して下さい。

この敗北は、必ず君たちを強くする!! 「頑張れ!創成館高校野球部」


以上、友人からのメールを紹介しました。
by naofumi_okuda | 2011-11-01 13:35