奥田 修史(なおふみ)   長崎県生まれ 45歳     ハワイ州立大卒        2003年 理事長就任


by naofumi_okuda

<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もうすぐ ハ・ワ・イ 

ご存知の方も多いかと思いますが、創成館の研修旅行は長崎県で唯一ハワイです。
これを楽しみに入学してくる子もいて、3日後からのハワイ旅行にだんだん楽しみ度が増してきているようです。

私にとってハワイは、大学生時代4年間暮らした「第二の故郷」のようなもの。久々の「帰省」に、私も少しワクワクしています。

一時は勉強が辛かったり、プライベートの悩みがあったりで自暴自棄になっていた時もありましたが、いつもハワイは「青い海と青い空」で私の心を包んでれました。ちょっとクサイ台詞かもしれませんが、広~い大海原を見ていると、不思議と自分の悩み、存在がちっぽけに見えてきてスッキリするんですよ。

理事長になってただただ突っ走ってきた4年。このハワイ研修で、少し自分を振り返って見ようかなと思います。また、新たな挑戦の為に・・・。

とは言っても、これも大事なお仕事のひとつ。子供たちの安全を第一に、彼等彼女等にとって素晴らしい思い出となるよう、がんばりたいです。

12月の2日~7日まで行ってきます。
あ、次の日(8日)は学校説明会だから休めないんだ。時差ボケ確実だな・・・。

こんな時こそ使わなきゃね。「でも、そんなの関係ねぇ!」 

~創成館生の名言~
「私の一番の宝物は、今、生きていること!」  (創成館高 女子)
by naofumi_okuda | 2007-11-29 18:42
最近、子供たちが興味を示してくれているので、「校長講話」の中でディズニーランドの話しをよくします。 ディズニーランドの「凄さ」を話しています。

私は、ディズニーランドで働いている友人から聞いた話なのですが、皆さん、次の話しを御存知でしょうか?

ディズニーランドで働くスタッフは、カットバンを張らなければならないケガをした時は、休みをとらなければならない。なぜなら、カットバンという「現実」は、「夢の世界」を崩してしまうから。

ミッキーマウスの中身は誰が入っているのか、スタッフのほとんどが知らない。 更に、ミッキーマウスの控え室は、スタッフ控え室の奥の奥にある。 一般スタッフ控え室にいるミッキーは、お客様の前で振舞うミッキーそのままである。 なぜなら、ミッキーはスタッフにも「夢」を与える存在でなければならないから。

子供たちにこの話しをした後の感想文には、「夢を与える為の努力、徹底ぶりに感動した。」「お客様に何かを感じて頂く為には、ここまでしなければならないとだめなんだと感じた。」など、驚きのコメントがたくさん寄せられました。

なぜ、世界中の人達がディズニーを愛し、夢を求めてディズニーランドに何度も何度もリピーターとして通うのか? こんな所にヒントが隠れているようです。

~創成館生の名言~
どんなに辛い事があっても決して逃げてはダメ。とても辛い日でも次の日には必ず幸せな日になるから。「辛」って書いてごらん。でもその「辛」に「一」を足すと、ほら、「幸」になった。辛い日々は「幸」を書いている途中。決して逃げてはダメ。 (創成館高 男子)
by naofumi_okuda | 2007-11-21 09:24
行ってきました、長崎県ライトミュージックフェスティバル!

宣言通り、自分なりに「ファンキー」っぽい服装で行ったのですが、数人からは「それって、ただの危ない人じゃん・・・。」って言われました。

うちのガールズバンドがロッケンロールしてくれましたよ。もう出演者が、プロの活動している人達もいて、出番が近づくにつれて、私の心臓はバクバクで汗が全身から吹き出しました。

聞けばイベントが終わってから、Charさんにサインを頂いたり、いろんなお話しをさせてもらったりしたとの事。まったく、羨ましい限りです!!

ただ、今回の生徒達の挑戦で勉強になったことがあります。
それは、「まず挑戦しないと、走り出さないと、チャンスも生まれないという事」 です。

この子達の中には、ギターを始めてまだ数か月の子もいます。しかし、「始めた」からこそ大勢の前で演奏するチャンスにもめぐり会えたし、Charさんという普段では会えない方にも会うことができたのです。

一歩踏み出さなきゃ何にも始まらないって事、子供たちに教わりました。

d0103155_1702884.jpg

(リハーサルの様子)
by naofumi_okuda | 2007-11-14 17:02
今さっき、2007年「夢創祭」(文化祭)が終わりました。

今年も、実行委員会や生徒会がとてもよくがんばってくれて、最後まで盛り上がりました。体育館での出し物、教室での展示物、中庭でのイベントなど、すべてが爽やかで、一生懸命さが伝わるものでした。

保護者の方々も、早い方は7時前から模擬店の準備に取り掛かられて、並々ならぬ「気合い」を感じました。

中庭の最後のイベントの、「ハレ晴れユカイ」ダンスは、生徒や先生が「オタク」に扮装し、いかにもアキバ系な踊りで盛り上げてくれ、爆笑を誘っておりました。

ホント、子供たちの底力には感心させられます。

この子達、「可能性」のかたまりです!!

~創成館生の名言~
私は、まだ夢を探せていません。大きな夢を。けれどそれが見つかった時、少しでも動きやすい格好でいたいので、今の内に準備体操でもしようと思います。人生で何回転ぶか解ったもんじゃないけれど、スタートダッシュぐらいは気持ちよく飛び出したいじゃないですか。                                               (創成館高 女子)
by naofumi_okuda | 2007-11-10 17:34